ソーシャルマッチをきっかけとして、障がい者支援団体NGO立ち上げ、カンボジア社会福祉省の障がい者行動総局のアドバイザーもつとめるサミスさんとカンボジア日本技術大学のマネージャーの酒井さんが出会いました。

カンボジア日本技術大学で講師になってくれないかとの酒井さんのオファーがあり、サミスさんが講師として決定いたしました。

現在、サミスさんがカンボジア日本技術大学で毎週火曜日の1クラスを担当し、講師として活躍しています。

障がい者差別が広がるカンボジアで、サミスさんより、これから未来を担うカンボジア人生徒に障がいに対する正しい知識を教授することで、
障がい者に対する偏見をなくし、共生社会をつくることにつながっています。