ビジョン

誰もが笑顔で暮らせる世界にするため、社会問題を解決する。

ミッション

人と人とをつなぎ、社会問題解決に必要なリソースをマッチングする。

代表メッセージ

「社会問題で苦しむ人をゼロにする」

3年間住んでいたカンボジアで、日々、社会問題を目の当たりにしました。障がい者の人が道で物乞いをしている様子、子供が学校に行けず夜中まで働いている様子を目の当たりにしながら、自分ではその社会問題が解決できないとやるせない気持ちになっていました。
しかし、人生をかけてカンボジアの社会問題に取組むカンボジア人の社会起業家と出会いました。彼らの活動に感銘を受け、彼らの事業をサポートし、前進させることができたら、現地の社会問題が解決できると思い、ソーシャルマッチを立ち上げました。
ソーシャルマッチ創業のきっかけとなったサミスさんにも「ソーシャルマッチの繋がりのおかげで障がい者雇用のための食品事業が存続できた」とおっしゃっていただいたように、社会問題を解決したいと願うみなさんと力を合わせることにより、あのとき変えられないと思っていた、社会を少しづつ変えられていると実感しています。
私は社会問題で苦しむ人を見ることが嫌なので、ソーシャルマッチを通じて、社会問題で苦しむ人をゼロにして、人々が笑顔で暮らせる世界をつくります。

代表経歴

ソーシャルマッチ原畑実央

代表取締役 原畑実央(ハラハタ ミオ)

松山大学在学中に社会問題をディスカッションする団体を立ち上げる。社会問題を解決しようとする人の講演会の主催や、活動の現場に訪れるツアーを開催する。
大学卒業後、アリババジャパンに入社し、日系企業の海外進出支援に携わる。その後、 カンボジア移住し、カンボジアで最大手日系人材紹介会社CDLで3年間マネージャーを務める。2019年にSDGsに取組む途上国社会的企業と日本企業をマッチングするプラットフォーム「ソーシャルマッチ」を展開するソーシャルマッチ株式会社を設立。
TwitterFacebook

メンバー経歴

ソーシャルマッチ樋口麻美

取締役  樋口麻美(ヒグチ アサミ)
幼少期はアメリカ、南アフリカ、オーストラリアで育つ。同志社大学に入学後、途上国各国でインターンシップを経験し、大学在学中に1年間休学しカンボジアへ渡航。カンボジアで教育支援NGOを現地の人と設立し日本支部代表として資金調達に務めた。卒業後、IT人材ベンチャーONE CAREERに入社。その後、ソーシャルマッチ株式会社立ち上げに参画。


SDGs教育事業担当 金愛月(キン エウォル)
同志社大学在学中にフィリピンで若者の貧困層支援を行うPALETTE SCHOOLで新規事業立ち上げを担い、韓国マーケッ トの開拓を手掛けた。 大学卒業後、人材紹介会社REERACOENのタイ支社で勤務。その後、ソーシャルマッチ株式会社に参画。

企業概要

社名ソーシャルマッチ株式会社(旧 株式会社value)
所在地〒131-0045
東京都墨田区押上2丁目6-10
取締役代表取締役 原畑 実央
取締役   樋口 麻美
設立令和元年12月
事業内容東南アジア社会的企業とのビジネスマッチング事業「ソーシャルマッチ」
SDGs教育事業「ソーシャルスタディ
連絡先Tel:050-3692-4123
取引銀行三井住友銀行 渋谷駅前支店

講演・取材実績